紫外線は頭皮や頭髪にとって毒の部分が大きい

澄み渡る青空紫外線と聞いて、良いイメージを持つ人は少ないものです。実際、紫外線を浴びていると、身体にさまざまな影響が出てしまいます。

たいていの人は、紫外線を防ぐために日焼け止めなどを使用しますが、腕などの露出する部分だけを意識しているのでは不十分です。紫外線は、頭皮にも多大な影響を与えているということを知っておく必要があります。

紫外線が頭皮に当たり続けていると、次第に頭皮が火傷した状態になってしまいます。また、表面的な火傷に留まらず、頭皮の内部にまで影響が出てくるようになるため、気をつけなければなりません。頭皮にダメージが溜まっていくと、頭皮だけの問題ではなくなり、髪の毛が抜けやすくなったり、傷みやすくなったりするのです。

また、紫外線が当たっていることで頭皮が乾燥しやすくなるため、フケが出てくるようになります。その結果、頭皮が痒くなってしまいます。紫外線が強いのは夏ですが、他の季節でも紫外線を意識することが大切です。

人気の日焼け止め紫外線から肌を守る方法として、最もよく用いられるのは日焼け止めを塗る方法です。さまざまな日焼け止めが発売されているため、しっかりと比較をしてから購入するようにしなければなりません。

日焼け止めを塗っているだけで安心してしまう人がいますが、正しい使い方をしていないと、ほとんど効果を得ることはできないのです。

日焼け止めを選ぶ際は、SPFについて正確に理解しておく必要があります。SPFというのは、Sun Protection Factorを略したもので、日焼け止めの強度を示す数値です。SPFの数値が大きくなればなるほど、日焼け止めとしての高い効果を得ることができます。日焼け止めを購入する時は、SPFの数値をチェックすることが大切です。

SPFについては、注意しなければならない点があります。それは、あくまでも陽射しを浴びる時間を意識するという点です。強い陽射しだからSPFが大きいものを選ぶというのではなく、長く陽射しを浴びるからSPFが大きいものを選ぶ、という考え方が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です